« 太陽熱温水器 | トップページ | イエシロアリ »

2009年5月 8日 (金)

ヤマトシロアリ

4月25日 PM2:00 ヤマトシロアリ 2匹
メモ:前日から早朝まで雨

5月5日 PM1:00~3:30 ヤマトシロアリ 約30匹
メモ:前日は雨

シロアリ・・・
家を建てるにあたって、この虫に対する防衛策は出来る限りやったつもり。でも 普通に近く生息しいて、こんなに簡単に目の前に出現するとは思ってもいなかった・・・。もっとレアな存在で、10年後ぐらいに 1、2度見る程度と勝手に高をくくっていた。

_
前日、結構な雨量の雨が降った。そんな午後。
北側の基礎の犬走に見慣れない黒アリがいる。良く見るとアリではない。近くには抜けた羽もある。もしや・・・、予感は的中。(偶然ではなく、私は この時期シロアリチェックを怠らない)

ヤマトシロアリ
羽アリは4月M~5月Mの雨日の翌日の正午過ぎ、太陽に向かって飛び出す(南へ飛行)。
お尻をピョコっと上げているのがメス。フェロモン放出中。
Shiro1 1匹であるくヤマ子さん

着地した後、羽を落とし、カップルを求め歩きだす。この際、外敵の餌食となる。偶然にも相手と巡り合い、カップルになったものが巣に適した場所へ移動し、新しいコロニーを形成する。

カップルは 1列に並んで走行。以外に足は早い。
Shiro2 カップルでラブラブ。

よく、インターネットではカップルになるのは ほんの1部のシロアリだけ、殆どの羽蟻は外敵の餌食となる。と書かれているが、そんな事はウソで、我が家の周りだけでシロアリのカップルを5組も見つけた。観察できた僅かな時間だけでだ。

それに我が家の基礎立ち上がりは650mmだが、その高さは役にたたない、楽々と垂直面を水切り部分まで登り、外壁内部へ侵入しようとしていた。そこに食害し易い発泡断熱材があるのを知っているかのようにだ。

上の写真は我が家の基礎部分である。遠い場所の見知らぬ誰かの家ではない。私が住んでいる家の基礎の写真だ。

そう、普通にシロアリは居るのだ!シロアリの群飛の季節、条件、時間になると あたり前のように発生するのだ!

建築中のシロアリについての記事

我が家はハウスメーカ標準のシロアリ対策が実施してある。メーカ的にはシロアリの心配はないと言われているし、業界的にも低メンテ費用で効果が長持ちとされている加圧注入処理だ。
でも、私はあまり信用していない。被害に遭うのは我が家。。メーカは有料で駆除のサポートはしてくれると思うが、被害に遭ったからといって、新しく家を建て直ししてくれるわけではないからだ。そして駆除に掛かる費用も膨大。

_
基礎の養生中に基礎内をプールの如く水を貯めた。ベースと立ち上がりの2回打ちでは、どうしてもつなぎ目に隙間が出る。それは見た目では判断できない。僅かな隙間でもシロアリにとっては十分な入り口。容易に侵入を許すからだ。プール試験で発見された隙間は完全に埋めてもらった。被害の多い玄関土間もプラスで対策。玄関土間断熱材の上部は薄いモルタルが標準であるが、断熱材上部のコンクリ被り厚を3倍にし食害に備えた。
それでも被害に遭う可能は十分高い。上記の対策はほんの気休め程度だ。

何よりの対策はシロアリを発見し易い作りと、定期的なシロアリチェックである。

通常、ヤマトシロアリは家屋に大規模な被害を与えることは少ないが、発泡材で包まれた高気密・高断熱の家に住む以上、被害がいっきに拡大する恐れがある。それがイエシロアリの場合はなおさらである・・・。

|

« 太陽熱温水器 | トップページ | イエシロアリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽熱温水器 | トップページ | イエシロアリ »