« 瓦工事終了 | トップページ | 透湿シート開始 »

2007年4月 6日 (金)

家を作るにあたって

いつか、記事を書こうと思ってましたが、私が家を建てようと決意して、ハウスメーカ:一条工務店を選択するまでの道のりです。

なぜ一条工務店に至ったのか?その判断基準はいったい何なのか? その観点で密に記載したいと思います。この記事はあくまで私個人の考えなので、読んで不快な人は気にしないように。

お題 : 家を作るにあたって

家には 木造、鉄筋、コンクリート、2×4、色々ありますが、特にコレが良い!などのこだわりはなく、ただ単純に 『良い家が欲しい。』 それだけでした。

しかし、素人が いくら良い家が欲しいと言ったところで、生まれて初めて、家を建てるのに 良い家なんて 分かる筈もなく、家作りは 『良い家とは何だろう??』 からのスタートでした。

そんな中でも 漠然と頭の中にあったのが、『良い家=ハウスメーカ選び』 で、ほぼ 9割は決まっちゃうなー。 というものでした。

仕事の職種がエンジニアなので、何となくモノ作りについての考えは はっきりしていて、安かろう、悪かろうは駄目だし、工業製品業界の最新技術という名のニセモノには騙されないぞ(笑)という防衛本能も備わっています。

さて、良い家を作るには 建てて貰う建築業者を選ぶ事から始まります。大手Houseメーカ、地元メーカ、ローコストメーカ、地元工務店、建築業者は色々です。住宅展示場に何度か足を運びましたが、イマイチどこがいいのか良くわかりません。

まず、選択肢から外したのが下記で、その理由を書きます。

  • ローコストHM・・・何となく欠陥が心配。欠陥が無くても もしや?と考えてしまう。
  • 地元HM・・・倒産が心配。ユーザが少ないので情報も少ない。
  • 地元工務店(FC含む)・・・欠陥が心配。倒産が心配。あらゆる点で不安。

よって、大手HMの選択支しか残りませんでした。大手HMを選びたかった理由は、例え倒産しかけても、販売規模・顧客・人材・技術・資産・工場が多い分、どこかの企業が資本を投入したり、企業買収してくれるだろう。その際、ユーザも一緒に面倒見てくれるだろう。と安易に考えたからです。

大手HM選びで、何か指標になるものはないかと考えました。
最初、本からの情報を考えましたが、本は著者の主観がどうしても入るので、リスク判断の伴う情報としては危険かな?と思いました。

次にインターネットですが、インターネットの良いところは 良いことも悪いことも情報として入手できるので、何かの判断材料に使うのは最適です。(厳密に言えば悪い部分は削除されていたりしますが・・・笑。)

インターネットで漠然したキーワードで情報を得るには大変苦労します。(ポイントを押さえた情報検索には大変便利ですね。)

ここで私は大変悩みました・・・。良い家を手に入れるのにどのHMを選択すれば良いのか?ハウスメーカのHPを見ても、自分の所のいいところしか書いてないだろうし、無限にあるHMユーザ方々のHPを見て回っても こっちが疲れるし時間の無駄だし・・・。掲示板を覗いても誹謗中傷で どこも荒れてるし・・・。

本当に悩みました。無限にある情報から、何んのキーワードで答えを出すのかを・・・(笑)。

仕事がエンジニアなので良く使う手法で・・・、『餅は餅屋に聞け。』

建築業界に明るい人種が 自分の大切な身銭を削って、どこのHMでマイホームを建築しているか?

  • ゼネコン勤務
  • 工業大学の教授
  • 公共工事の監督
  • 民間工事の社長
  • 役所の家屋調査担当
  • 住宅コンサルタント
  • 他業種の設計士、エンジニア

こういった人達は 素人よりも建築業界に経験や係わりがあり、多少なりとも明るいと思いますので、この人達が住んでいる家を調べれば良いわけですな(笑)。

さぁ、グーグル君の出番です!徹底的にキーワード検索を行いました。休日に5時間掛けて調べた結果、1番多かったハウスメーカが 何を隠そう、『一条工務店』でした。第二はナイショ。

家作りについて、大枠の方針が固まりました、第一候補は一条工務店です。

次にやらねばならぬことは、一条工務店で建築した場合、どんな不具合が発生するか?またその内容と原因と対処方法は?これを徹底的に調べました(またグーグルで)。判明したのが下記の内容。

  • 一条工務店で建てた施主は、チェックが異常に細かい。
  • 不具合の殆どは 施主の知識が高いために指摘されている小さい不具合。
  • 致命的な欠陥は殆どなく、小さい欠陥は施主の知識で防げる。
  • 大きな不具合が発生する場合には傾向がある。それは3種類。
  • 一条を選んだ時点で、既に8割は素晴らしい家を手にしたも同然。

さっそく、奥さんに 何の相談もせず、一条工務店のHP記載されている、近くの展示場に直接 電話して 1人で訪問しました。この時、心の中では7割は一条に決定してました(笑)。

それでも他メーカと比較・分析をせねばなるまいと思い、下記のポイントでオリジナル評価を実施しました。
一条工務店は平均点が1番高かったです。

  • 年間着工戸数・・・戸数が多すぎるのは危険。
  • 財務状況
  • 工事方法・・・現場依存型か、工場依存型か
  • 保障範囲と期間
  • 保守、メンテナンス費用
  • 高気密、高断熱
  • 壁内部結露
  • 耐暴風雨
  • 耐火性
  • 耐シロアリ
  • 耐防犯性
  • 木材の種類、産地
  • 断熱材の種類
  • 標準仕様
  • 耐震性は現在の建築においては、極端な差はないと思っている。

よって、家作りのスタートは 一条工務店のデザインでも、腰板でもなく、見てくれは重要でなくて、エンジニアが家を建てるにあたって、選ぶべきポイントを押さえた結果の選択だったと言うことになります。

今日はここまで。続きはないかも・・・

|

« 瓦工事終了 | トップページ | 透湿シート開始 »

コメント

すごく調べられましたね。
インターネットの時代のHM選びのようです。

我が家の土地問題の時に相談した不動産コンサルタントが、
「一条工務店は、とてもまじめに家づくりをする。」
地元工務店なら、あの土地でも建設許可を取り付けて、将来施主が困ろうと関係なく建ててしまうけど、一条工務店は正統派で仕事を進めるので、信頼できる業者であると、説明されましたよ。

投稿: やいちゃん | 2007年4月 7日 (土) 08時40分

色々深く熟慮された上での決断なんですね。
ウチは大違い^^;ですが地元工務店や
ローコストを選択肢から外した理由は同じです。

読ませてもらうと、なるほど~~~と思って
一条に決めた事に自信が持てます。

確かに一条の施主ってチェックが細かいかも。
知識豊富でこだわって構造で選ぶ方が多いから
どうしてもそうなっちゃうんでしょうね。

次回はないのですか?
致命的欠陥が発生する3種類の傾向が気になります^^

投稿: いかりん | 2007年4月 7日 (土) 16時26分

すごいです
ここまで調べられるとは
さんぺいさんは本当にすごいです
我が家は早々と一条工務店に
決めてしまいましたが
今日のブログ読んで安心しました

よっさんも致命的な欠陥すごく気になります

投稿: よっさん | 2007年4月 7日 (土) 16時44分

こんにちは。

さすがです、さんぺいさん!
生意気ながら、さんぺいさんは賢い方だなと思っていましたが
やっぱりすごいですね。

同じ一条工務店ユーザーでよかったです。

投稿: anne | 2007年4月 7日 (土) 18時36分

こんばんは。
ロジカルですね~。
一条関係者が読んだら泣いて喜びますよ。
致命的欠陥・・・
なんだろ?
基礎の不具合は致命的。
質の悪い大工さんに当たったら致命的。
あと・・・なに?
建てた地盤が弱く致命的?

3種類の「傾向」?「原因」ではなく?

投稿: パト | 2007年4月 8日 (日) 02時08分

皆さん、ごめんなさい・・・。
『致命的欠陥』は表現が悪かったので、『大きな不具合』に表現を変えました。私が使っている、大きい不具合という意味は 補修、修復工事が大規模、作業が大変だというニュアンスの意味合いです。それで後々問題や不具合があるか?と聞かれるならば、一条さんが問題ないように対応してくれるはずですので ご安心を。欠陥住宅という意味では決してありませんので!!


■やいちゃん
そうなんです。まさにInternet時代ならではの選択だったんです。Netがなければ、ほぼ100%一条では建ててなかったと思います。自分の周囲に頼よれる人がいる方ならば、家作りも安心できるのでしょうが、私みたいに田舎のサラリーマンではNetなしでは到底不可能なことだと思っています。
コンサルタントの方もお勧めの一条なら、なおのこと安心して任せることが出来ますね♪


■いかりんさん
いかりんさん始め、私も含めて、一条を選択された方は かなりマニアックな施主だと思いますよ(笑)。一条工務店って、頼んだだけで他メーカの2倍ぐらい価値を お値打ちな価格で簡単に手に入れられるメーカですもんねー。全国区メーカでは他に無いと思います。


■よっさん
私はそんなにすごくないですよ。^^; 1番すごいのは Internet様です(笑)。
やっぱり一生に一度の家なので、スタートの時に安心して進めて行くには、安心できる材料が必要だと思いました。工夫するとHM選びは案外簡単に判断できたので良かったです♪


■anneさん
またまた、そんなぁ~ (^^ゞ
間違いなく賢くありません! モノの考え方が変わっていると言うか、正面から見ずに斜めから見てしまう癖があるんですょ。たまに逆から考えみたりだとか...。
なので、猛烈調査の時にはブログに書けないネタや 既にNet対策室によって削除(公開禁止)された情報がたくさんあって困ります(笑)。


■パトさん
販売促進に貢献してますかね(笑)? あんまりベタ褒め記事を書くと一条関係者と思われそうで・・・
不具合傾向の3種類。近々upしますね。

投稿: さんぺい | 2007年4月 8日 (日) 09時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 瓦工事終了 | トップページ | 透湿シート開始 »