« 着工日決定 | トップページ | 購入したいもの »

2007年1月15日 (月)

企業体質

どこのHouseメーカであっても顧客満足度100%はありえないと思います。出来るだけ高い方が良いと思いますが。個人を相手にしてる戸建の住宅メーカ社員はなおのこと 企業利益を生み出す元は何かを意識してビジネスをするべきではないでしょうか。

私が選んだ一条工務店(正確には一条工務店 熊本)はどうなのか?と言いますと、正直余り良くないかも知れません。

この記事は書くまいと思いましたが、年明け早々、イヤミな年賀状に夫婦共々傷つきましたので思い切って書きます。
尚、下記に書いているトラブルは 年賀状の件以外、若干蟠りがあるものの一条工務店には紳士的な対応をしてもらってますので、ほぼ不満ありません。

_

・年賀状
届いたのは1月8日頃。しかも郵便番号もデタラメで、住所もデタラメ。たぶん、担当営業は契約を取った施主の住所も確認してないのだろう。一条以外のhouseメーカは契約もしていないのに ちゃんと元旦に届きました(手書きで心を込めて)が、一条よ、それで良いのか?

_

・梁の強度不足
初期の打ち合わせから殆ど変えていない部分の梁が、強度不足と言うことで、着工前に あろうことか『集成材』を使わせてくれと申し入れがあった。
工場見学、展示場、営業説明、今まで散々に 集成材の悪口を聞かされたクセに 掌を返したように集成材が良いと言われ、正直 信じられない。ちなみにHPにも『素材へのこだわり』と書いてあるのだが・・・

_

・私の土地、3坪失う
設計士の図面の間違いと、連絡モレにより、道路境界(後退予想ライン)を後退しなくて良かったのにも 関わらず、結局 引くはめになった。これによって、自分の土地を 3坪失うことになりました・・・。

_

本契約図面の段階で何の説明も無しに いつの間にかこっそり、リビングの壁に火打ち梁が追加になっていた。内観が台無しに・・・

_

もうじき、基礎着工となりますが、特に営業サイドには引き渡しまで気を抜くことなく、契約を取った施主の家作りに 真剣でいて欲しい。

一条工務店の信念

「お客さまより家づくりに熱心であろう」

企業側の人間が 嘲笑しているようなことがないことを祈る

|

« 着工日決定 | トップページ | 購入したいもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 着工日決定 | トップページ | 購入したいもの »