« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

基礎の質問回答

今日は私の担当の現場監督さんから、事前にMailで送っておいた、基礎工事に対する質問の回答がありました。

回答内容は、だいたい納得できるものでした。少し質問や確認が残っていますが、明日電話して内容を詰めたいと思います。

私の趣味の先輩に建築系にお詳しい方がおられますので、素人では分からない、コンクリートの不明点を確認してみました。

Q、設計基準強度から、温度補正される、セメントの呼び強度は水セメント比で変わるものなのでしょうか?

A、変わらない。呼び強度とはセメントの硬さグレード(材料)のようなもの。水の量と予備強度は関係ない。

Q、呼び強度によって水の量が変わりますか?

A、変わらない。上と同じ理由。

Q、水セメント比とスランプ値は、どちらともコンクリートの緩さを表す表現で、同じ意味合いのことなのでしょうか?

A、そうです。セメントのどろっと加減を表すものです。同じ意味です。

素人の質問に分かりやすく答えて頂きました。(ちっぽさん ありがとうございます!)

疑問が解消し、気分も晴れ晴れ~

| | コメント (5)

2007年1月30日 (火)

和室。

我家で1番楽しみにしている部屋、『和室』です。正確には和室コーナでしょう(笑)。

2/8より工事開始となりますので、間取り紹介は最後になると思います。

             Washitsu

和室は4.5畳しかありません・・・。最初は真壁和室で考えていましたが、4.5畳に真壁はちょっと贅沢・・・、しかも見て頂くと分かりますが、和室に壁が殆ど無いので、真壁の意味がないな言うことで、大壁和室になりました。(おかげで大幅コストダウンになりましたが)

4.5畳の和室と言うと、実家や友人から、みんな口をそろえて『狭いねー』と言われてしまいましたが、なにせ豆ハウスなのですから仕方がありません。

でも、この和室には夫婦のエネルギ(お金?)を結集しました。

大壁和室でも、どうしても付けたかったのは、床の間と、床柱、大黒柱、それと縁側です。あと、以前 紹介した朱色の押入れ襖と、下の部分が開いている吊押入れ。 _ 床の間は娘の ひな人形や羽子板を置くのにも活躍してくれると思います。

中でも1番ドキドキで楽しみにしているのは、和室内側の襖です。襖は社外品から選びましたので、一条標準カタログにない、インパクトのある 続きの絵柄になっています。

基本的には客間なので、玄関から直接入れるように考え、しかも襖を外せばリビングと一間続き間になるので、豆ハウスだけど広く感じるように工夫してます。

我家にはベランダがありませんので、縁側がベランダ代りになります。お約束の『干し姫さま』を縁側に付けました。

_

洗濯、物干し、洗濯物の収納が すべて1Fにありますので、奥さんはさぞかし楽でしょう。(和室が洗濯物の仮置き場になるとの噂もありますが・・・)

_

間取り以外の造作部分で、我家の工夫ポイントが数多くあり、ブログで紹介しようと思いましたが、わがままで作ってもらう造作をNetで紹介すると、一条に迷惑が掛かるかも知れないので、家の進み具合と一緒に追々紹介したいと思います。(間取りの2倍の時間を掛けましたので細かい工夫が色々と・・・)

| | コメント (5)

2007年1月29日 (月)

階段。

今日は階段です。

         画像削除 1F側

上は1Fの階段ですが、例の如く収納にしています。本当は階段下収納の一部分だけを外から出し入れできる物置にしたかったのですが、奥さんが誰かが居そうで気持ち悪いと言うことで却下。

階段下は万遍なく収納にして頂く予定なので、かなりの収納力があると思います。

       画像削除  2F側

2Fは我家で唯一のPCコーナを作りました。豆ハウスならではの半間のPCコーナ・・・。リビングの情報分電盤からCD管でLANを引き込みます。PCをイジるとフォークインクローゼットに入ることが出来ません(涙)。

ウォークインクローゼットは住んでもいないのに、既にタンス入れになってしまってますね・・・。

タンスの位置とドアがかぶってしましって、使いにくいですが南側には天井1.4mの屋根裏収納を付けましたので、隠し部屋として活躍してくれるハズです。

| | コメント (0)

2007年1月28日 (日)

お風呂まわり

我家のお風呂を紹介。

通称『豆ハウス』に贅沢にも1.25坪タイプを採用。

Bath

それ以外は至って普通ですが、将来 介護になった時を考えて、リビング側の仕切り壁を抜いて、リビングから直接 脱衣所へ入れるように考えています。

失敗したのは、南側の収納。何と本棚を付けてしまいました・・・。

洗濯後の衣類をたくさん置けて良いかな?と思って付けましたが、ロールカーテン等で目隠ししないと、丸出しで恥ずかしいことになります・・・

お風呂はフラワータイルで、浴槽は白だったか、ピンクだったか?(覚えていません・・・) 洗面台もはっきり覚えていませんが、確かピアノピーチだったと思います。

お風呂の窓が小さいモノしか取り付けられなかったので、浴室乾燥機をoptionで付けてもらいました。

私の住む周囲は温泉施設がたくさんあるので、将来 お金が許すなら温泉を掘ってもらって、我家で緩々と温泉に浸かりたいものです。

| | コメント (2)

2007年1月27日 (土)

キッチン2

キッチンの続き話。不満と言うか許せなかったところを紹介します。

一条のシステムキッチンには 便利な吊り下げ式のステンレスバーが付いていますが、カタログや展示場の対面キッチンには コイツが必ず取り外してあります。

網戸と同じですね。(^^ゞ

          Ca_15 一条HPより

このステンレスバーは便利な反面、リビング側から見ると、お洒落感の欠片もなく、生活感 丸出しの感じがして、何ともいただけません・・・

うちの奥さんには最初から『ここにステンレスバーがくると生活感丸出しだよ~』と言ってましたが、まったく 聞く耳を持ってもらえず、『イイわよ、便利なんだから!』とキレられてました。

一条の先輩で どなたかのHPに ちょうどリビングカウター側から見た、ステンレスバーのぶら下がってる写真が載っており、そのHP写真を奥さんに見せた瞬間、『やっぱりステンレスバー要らない、絶対付けない!』と 逆に言い出しました。

便利なモノは付けた方が良いし、室内の雰囲気も崩さない方が良いので、色々考えた末、このステンレスバーを別なところに取り付けて貰うようにしました。もちろん、便利機能の一つである水切りもよく考えて。

_

このステンレスバーの話題でもうひとつ…。

この収納バーには 奥様方がとても喜ぶであろう、調味料がパッと取り出せるように 便利なスパイスラックが付いています。

            Kitchen_img33 一条HPより

コショウや塩、砂糖をササッと振り掛けるのには さぞ便利なことでしょうー

でも、よくよく考えてみると、忙しく料理するとき こんなちっちゃな入れ物に入った、塩・コショウって使い勝手はどうなのでしょう?

男の私からしてみると、料理のときって、大きな調味料入れからスプーンでガバッとすくって、ババッ!と入れるような気がします。もしくは指で ひとツマミだけパラパラ振り掛けるとか。

なので、この奥行きがとても少ないスパイスラックって、本当の意味で活躍するのか疑問なのです・・・

| | コメント (4)

2007年1月26日 (金)

浄水器

一条のoptionにビルトイン浄水器がありますが、一体型タイプと 単水栓タイプの2種類あります。

Kitchen_img38_1 イメージ:一条HPより

当初、我家では一体型タイプを選んでましたが、どこかのHPの記事(複数)に一体型のタイプは シンクの洗剤か何かを取ろうとすると、浄水レバーに必ず手が当たって、勝手に水が出て困る・・・、と言う記事を読み、単水式に途中で変えました。

(主婦のイライラは 鉾先が旦那に向けられる場合が多い。)

また、浄水器を付けようと思う方は 水道水をよりキレイに安心して飲みたい!と思われている方だと思いますが、一体型の場合は 給湯器からの熱湯も 同じ蛇口から出てきますので、配管類に使用されている、色々な科学物質が給湯の高温水により、水中へ溶け出してくることも考えておいた方が良いです。

単水栓の場合は、供給ラインが高温水と別なので、高温よりも冷水の方が溶け出す量が少ないと思われますので、その点は安心できます。

最近は上水の配管をステンレスで施工する エコ住宅が、自社のポイントと売り込みのために、水中への科学物質の溶出しを問題視していますので、心配性の人はステンレスパイプは無理でも 浄水器ぐらいは単水栓がお勧めです。

でも 結局のところ、蛇口をひねって すぐに使用せず、中の水を抜くイメージで、少し待って使えばそんなに気にする問題ではないと思います。

気にすれば、どこまでやってもキリがないですし、どこまでやって満足するかは 結局、人それぞれです。

施主の性格によって、機材も 住まいも 色々変わりますね・・・

| | コメント (3)

2007年1月25日 (木)

キッチン

うちのキッチン紹介

画像削除      

奥さんの城です。奥さんが8割決めました。L型の小さいタイプで鏡面のグリーンです。勝手口奥の収納はシステムパントリーです。(となりの収納はリビング用の収納です)

オプションでビルトイン浄水器の単水栓を付けました。(単水栓の理由は後日。)

私が住んでる熊本県の水道水は美味しいと評判なので、浄水器は不要だと思いましたが、子供のミルクや料理にも使えるので設置しました。

キッチン北側の開口はキッチンに立っていても 階段の上り下りが見えるように。と、北側の家外に誰か(不審者?)居た場合でも、キッチンから確認できるように開けています。

失敗したのは ゴミ箱の置き場所がないこと。

ゴミ箱って結構 大きいですし、分別すると個々に場所を取るので、うちのキッチンには置いておくところがありません!

過去の間取りの記事をまとめました。 → こちら

| | コメント (5)

2007年1月24日 (水)

設備の話

我が家はオール電化にはしませんでした。コンロもガスだし、給湯もガスです。お風呂は太陽熱温水器です。長府のSWR-200

                Swr200 長府のHPより

でも将来的にはオール電化にするつもりです。2人目の子供が生まれたら、IHにも換えたいと思います。

一条さんには将来のことを考えて、ソーラ発電、エコ給湯、IH、すべて対応可能なようにして頂きました。
また、配線、配管も出来るかぎり交換出来るようにして貰っています。

我が家は吹き抜けリビングなので、冬場 すごく寒いと思い、私は床暖房を付けたいと主張しましたが、うちの奥さんの猛反対にあって、付ける事ができませんでした(贅沢品、もったいないそうです…)。

最悪、シーリングファンが付けれるよう先行配管だけはやってます。

オール電化じゃないこともあって、暖房器具にはガス機器も選択肢に入れることができました、どうしても寒い時はガスファンヒータが使用できるように考えてます。
                     
1階リビングと 2階の温調室にガスコンセントを2つ付けてもらいました。

                   Soku

下からの熱と 上から吹きおろす熱で、空気の対流を使って家を温めようと考えた訳です。
石油ファンヒータに比べれば、ガスファンヒータの方が燃焼効率が良く、空気もあまり汚れません。何より補給の煩わしさから解放されるのが最高です。

ガス機器の配管類はLPガス会社が負担してくれるそうなので特に追加料金は掛かりませんでした。

何でも先にやりたがる お話でした。

蛇足ですが、エアコンの暖房って、室外の寒い空気をさらに冷やして その時に発生する熱で暖房するそうです・・・。

もし この話しが本当ならば、エアコンって、絶対 効率悪いですよね。

| | コメント (2)

2007年1月23日 (火)

図面の見方

家を建てるにあたって、図面の打ち合わせ中、1番強く感じたこと。

一生に一度の住まいなのに HMが出してくる、平面図だけでは 絶対にイメージ通りの家は建てれないと思う。

私は仕事柄、職種は違うが毎日図面を見ている(工業用ロボットの設計屋さん)。

図面から立体的なイメージを膨らますことには 割と長けている方だと思うが、そんな私でも 家の間取り設計では難儀した。ましてや、一般の方々になれば、かなりご苦労されるであろう。

今の世の中、素人さんでも 3Dソフトを使用して、趣味や娯楽に使われているので、当然ながら企業の設計環境は3Dになっています。私が仕事で使うCADも 7年ぐらい前から3Dにシフトしていました。

打ち合わせにあたって、何度もノートPCで画面に表示しながら説明して欲しいと頼みましたが、CADの関係か、ノートの処理速度の問題なのか分からないけど、結局 無理でした。

その代わりに 内観の斜視図をプリントアウトして何枚か頂きました。これで何となくイメージが保てて一気に設計が終了できたと思います。

打ち合わせ中、立体的に内観を見れたらどんなに良いことだろー

そう思いません?

| | コメント (2)

2007年1月22日 (月)

必要なお金

家を建てるにあたって、ハウスメーカに支払うお金がすべてではないのです。

今後、何にいくらぐらい必要なのか確認してみました。

・外溝: 1600000
・照明: 250000
・カーテン: 500000
・ウッドデッキ: 350000
・水道工事: 250000
・太陽熱温水器: 400000
・火災保険: 650000
・一条預かり金: 800000
・地鎮祭: 30000・・・済み
・棟上式: 50000
・不動産取得税: 10000・・・済み
・固定資産税: 不明
・引越し: 100000
・引越し挨拶: 10000
・表札: 30000
・ポスト: 30000
・上下水道加入金:不明

ざっと計算しても、建物以外で 500万円以上掛かりそうです(汗)。

もっと細かく言えば、スリッパや加湿器、時計やゴミ箱もいるのですが・・・

| | コメント (3)

2007年1月20日 (土)

お絵描き。

うちの家は(今のところ)防犯上、間取り図を このブログに載せないつもりなので、リビングの内観パースを紹介したいと思います。

少し古い内観ですが、ちょっと前に頂いていた図があったので、レタッチソフトで色を付けてみました。

Living

うちの家の特徴は 吹き抜けのリビングで勾配天井です。北側に 2Fの廊下があるのですが、廊下に手摺りを付けました。

梁の奥に見える開口は子供部屋前にある気配窓です。キッチンから見えるようにしました。

化粧梁と 天井の梁材は、うちの豆ハウスを少しでも広く見せる工夫です。

適当に色を塗りましたので、簡単に説明しますと、床色:ダーク、ドア:ダーク、サッシ色:ブラウンです。

和室の襖は山吹の色地に金箔マス目です(冒険しました・・・)。

和室の襖をOpenすると、和風100年のカタログに出てくる、あの朱色の押入れ襖を採用しました。

普段は襖を取外してLDと続き間にしますので、大変 艶かしく、いやらしい感になると思います(これまた大冒険!)。

Img_int_01

イメージ:一条カタログより

| | コメント (7)

2007年1月19日 (金)

土地の話。

私が購入した土地は熊本県の田舎で、ご近所さんは おじいさんや おばあさんしか居ません。

昨年の8月に 90坪の土地(雑種地)を○50万で購入しました。坪単価は 何と約○万円です。この辺りでは相場と言えば相場でしょうか。

元々は田畑だったようで、安い代わりに地盤補強の鋼管杭工事が必要でした。ベタ基礎と合わせると基礎工事に130万円も掛かることになります。

道路ではない、里道と言われる道が、東・西・南に面しており、北側だけが畑です。なので、日当たりは抜群のはず。

境界線ブロック ←先行して終了した境界ブロック

この土地は 一条の営業さんが見つけた土地でしたが、紹介してもらった次の日に 夫婦で見に行き、その当日 営業さんに電話して速攻で押さえました。

前の地主との個人売買だったこともあり、不動産仲介手数料も一切かからず、本当に安く購入できたと思います。

また、土地には既に下水配管工事がしてあり、普通に工事を依頼すると40万ぐらい掛かるそうなので、下水工事費用も丸々浮いたことになります。なので実質○00万ぐらいで買ったようなものです。

[購入のポイント]

  • 小学校まで1.1km
  • 土地がわりと広い(90坪)
  • 土地が安い(○万/坪)
  • 洪水の被害に遭わない(高台である)
  • 崖崩れの恐れがない
  • 日当たりが良い(南向きで北以外は3面とも道路)
  • 適度に田舎
  • 実家から20分
  • 会社から15分
  • 高圧電線/鉄塔が200m以内にない
  • ごみ収集場所が割と近くにある
  • 交通量の多い、基幹道路、抜け道が周囲になく 危なくない
  • 公害の恐れや工場などが近くになく、過去に土壌汚染もない
  • 上下水道エリアである
  • 商業・医療・公共施設には徒歩、自転車で行ける距離である

心配ごとは、古い集落の中に入って行くので、ご近所付き合いがとっても心配。

| | コメント (0)

購入したいもの2。

玄関には壁掛けの鏡を置こうと思っています。

(シューズBOXは鏡なしタイプを選んだ)

Img10165423_1Img10391985279 アップはこんな感じ。

縁の部分には面取りがしてあって、いい雰囲気になるのでは?と奥さんと2人で ニヤニヤと ほくそえんでます。

| | コメント (0)

2007年1月17日 (水)

2Fのエアコン

今日もブログ動作がおかしい…。画像添付も出来ない。

我が家の間取りで1番のコダワリと言うか工夫した所は 2階のエアコン。

1階はオープンな間取りなので広さに合わせたエアコンを そのまま選べば済むのですが、2階の場合は 寝室、子供部屋1、子供部屋2と それぞれ独立した部屋が3つあり、全部の部屋にエアコンを付けるとなると、2階だけでも 3個必要になります。

せっかくの『夢の家』仕様。高気密・高断熱のオイシイ恩恵をあえて無視しているようで、非常にもったいない気がします。
しかも 2階なんて、子供が独立したら殆ど使わない部屋になるかも知れないのに…

とは 言っても、2階の部屋は独立した空間を作るのが目的なので、やっぱり温度調整はそれぞれ別々にできないと 何かと不便。

でも 無駄にエアコンを設置したくないし、外観的にも室外機をたくさん外に置きたくないのです。

そこでエアコンの設置位置を思い切って廊下にしました。廊下の通路に扉を追加してもらい、廊下をひとつの部屋に見立てて、温度調整ルームとしました。もちろんエアコンは大容量を1台のみです。

2fmadori

廊下から各部屋へは引き戸で出入りするので、引き戸を開く量で自分の部屋へ入ってくる 冷気/暖気を調整できるように考えました。

夏場、暑い人は戸を全開にし、寒い人は戸を閉める。

画像には写っていませんが、右側に1階からの階段があり、矢印の部分はリビング上の廊下です。子供部屋が①と②、寝室が③となります。横ラインで色塗りしているエリアが温調ルームです。扉はすべて引き戸。

| | コメント (7)

2007年1月16日 (火)

購入したいもの

家が建ったあと購入したいと思っているモノを紹介します。

デコール セイコーの壁掛け時計(デコールはセイコーの商品ブランド名)

第1候補

As893b_1 

セイコー:デコールAS893B

第2候補

Hs411b_1

セイコー:エンブレムHS411B

ただ気になるのは 材質に一部MDFとなっているので、高い割りに若干ニセモノなのね・・・という感じかな。

| | コメント (0)

2007年1月15日 (月)

企業体質

どこのHouseメーカであっても顧客満足度100%はありえないと思います。出来るだけ高い方が良いと思いますが。個人を相手にしてる戸建の住宅メーカ社員はなおのこと 企業利益を生み出す元は何かを意識してビジネスをするべきではないでしょうか。

私が選んだ一条工務店(正確には一条工務店 熊本)はどうなのか?と言いますと、正直余り良くないかも知れません。

この記事は書くまいと思いましたが、年明け早々、イヤミな年賀状に夫婦共々傷つきましたので思い切って書きます。
尚、下記に書いているトラブルは 年賀状の件以外、若干蟠りがあるものの一条工務店には紳士的な対応をしてもらってますので、ほぼ不満ありません。

_

・年賀状
届いたのは1月8日頃。しかも郵便番号もデタラメで、住所もデタラメ。たぶん、担当営業は契約を取った施主の住所も確認してないのだろう。一条以外のhouseメーカは契約もしていないのに ちゃんと元旦に届きました(手書きで心を込めて)が、一条よ、それで良いのか?

_

・梁の強度不足
初期の打ち合わせから殆ど変えていない部分の梁が、強度不足と言うことで、着工前に あろうことか『集成材』を使わせてくれと申し入れがあった。
工場見学、展示場、営業説明、今まで散々に 集成材の悪口を聞かされたクセに 掌を返したように集成材が良いと言われ、正直 信じられない。ちなみにHPにも『素材へのこだわり』と書いてあるのだが・・・

_

・私の土地、3坪失う
設計士の図面の間違いと、連絡モレにより、道路境界(後退予想ライン)を後退しなくて良かったのにも 関わらず、結局 引くはめになった。これによって、自分の土地を 3坪失うことになりました・・・。

_

本契約図面の段階で何の説明も無しに いつの間にかこっそり、リビングの壁に火打ち梁が追加になっていた。内観が台無しに・・・

_

もうじき、基礎着工となりますが、特に営業サイドには引き渡しまで気を抜くことなく、契約を取った施主の家作りに 真剣でいて欲しい。

一条工務店の信念

「お客さまより家づくりに熱心であろう」

企業側の人間が 嘲笑しているようなことがないことを祈る

| | コメント (0)

2007年1月 8日 (月)

着工日決定

1月6日は今年最初の打ち合わせに一条工務店に行ってきました。

営業さん、設計士さん、コーディネータさん、現場監督さんが勢揃いしてました。

基礎鋼管杭の着工が2月8日に決定し、コンクリート打設が15日からになるそうです。

ドキドキしますねー。(^0^)/

冬季のコンクリート打設は管理が難しいのでリスクが高いそうですが、現場監督さんに対して、質問事項+要望事項をかなり出してますので、素晴らしい基礎になるはずです。

しつこく要望書を出すのには訳があって、私が住む熊本県の一条工務店は一条本社の直轄ではなく、一条工務店 熊本と言う、系列会社になるからです。

これは家作りにも微妙に影響していて、本社直轄契約だど暗黙の了解でサービスしてくれるタイル1面サービスがなかったり…(:_;)、
金がない我が家には悲しいものがあります。
とは言っても、うちの場合 それ以外で別のサービスがあったのかも知れないですが…

| | コメント (0)

2007年1月 6日 (土)

FAX買った。

近所の電気屋さんで新年セールをやってましたので、まだ見ぬ新居用にFAXを買いました。

ミシンで有名なブラザーの複合機FAX 『My Mio MFC-850CDN』というヤツです。過去にFAXを購入したことがなかったので、今回購入するあたり、最近のFAX事情を色々と調べました。何よりも驚いたのが、ブラザーがFAXとか製造していたことです・・・(笑)。

Dvc00062

なぜこれを選んだのかと言いますと、

  • FAXは無論のこと、PCのプリンタとして使える
  • ネットワークに直接接続できるので複数台のPCで使える
  • コピー、スキャナと色々な機能が使える
  • 最近のプリンタのデカさは耐えられず、PC専用で数万円も払えない
  • FAXのインクリボン式プリントは不便な気がした
  • ファームウェアの更新がPCからできる
  • 狭い『豆ハウス』なので、プリンタ+FAXになっていると、置き場所で有利
  • FAX内の電話帳は 直接PCから登録/編集ができる
  • 無線LAN+ノートPCなので 家中どこでもプリント。プリンタケーブルも不要

で、肝心の値段は ぬ万ゆ千円(キーボードの数字見てね)。PC用のプリンタとFAXを別々で買ったらこの値段じゃ買えないだろうー

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »