« 地鎮祭の報告 | トップページ | 追加 »

2006年12月 7日 (木)

これからの方々へ

先日、最終要望を伝え すべての設計が終了した。
6月後半から間取りを考え始め、現在12月、設計のみに5ヶ月も費やしたことになる。

普通はどうか知らないが、間取り/仕様/要望、で2ヶ月ぐらいと言うので、時間をかけた方だろう。

うちの家を考えた流れをメモしておく
・希望(リビング階段とか)を伝える
・予算の上限を仮決め…延床面積から
・大枠な間取り決め
・生活動線の確認、家族の行動パターンをイメージする
・風の流れ…高気密・高断熱であっても、風の気持ち良い日は風を取込みたい
・防犯性(死角や侵入経路予想)・・・1Fの防犯と 2Fの防犯では犯行レベルが変わる
・安全性(落下物、避難路)…どこに居ても逃げ出すことができるように
・介護状態の想定…いずれは誰かのお世話になるので負担が少ないように
・風水チェック…気にし過ぎるのは良くないが、そこそこ意識して
・デザイン、遊び心
・収納…今の荷物×2倍の想定
・家事性能(炊事、洗濯、掃除)
・光熱費対策(温調室など)
・将来のインフラ(LAN、太陽発電)
・雨天の洗濯干し
・共有スペース(リビングとか)での収納
・照明とスイッチの関係…照明はカッコよく
・夜間の行動考慮…子供のトイレ
・停電時の対策
・ホームシアター
・屋根の勾配角度と太陽角度の関係性(太陽熱温水器、太陽光発電の性能に影響)
・夏、冬それぞれの空気の対流(冬は空気の気流を考えて対策を・・)

|

« 地鎮祭の報告 | トップページ | 追加 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地鎮祭の報告 | トップページ | 追加 »