« 洗濯機購入 | トップページ | 境界線ブロック »

2006年12月21日 (木)

大災害。

先日、災害時の備えについて少しだけ書いた。

今回はもう少し災害対策について書いてみよう。

ここ熊本でも大災害は必ず起きるだろう。熊本県は今後10年間で震度6以上の大地震が起きる可能性は90%以上とどこかで聞いたことがある。

地震は日本に住む以上 仕方がない事なのだが、やっぱり起きないに越したことはない。一人づつ考え方は違うであろうが、多少なりとも地震に対する備えをしておくべきだろう

地震の際はライフラインが寸断されるが、避難生活中になくてならないものは、電気・水道・ガス。言い換えれば、情報・水・火となる。

情報の確保は最近流行りの非常用手回しラジオがあるし、携帯充電機能付きもある。願わくば自転車のローラー台にバッテリかAC100V発電機モデルがあれば素晴らしいのだが…

次に食料だが、ある程度確保していても調理するには水と火は欠かせない。
先日も書いたが、うちには太陽熱温水器を設置予定なので1週間ぐらいの飲み水程度なら何とかなる。トイレの水は毎回10リットル必要らしいので、庭に手堀りの井戸を掘って何とかしよう。

火に関してはプロパンガスなので、ガス機器が問題なく使えるなら大丈夫だろう。ただ故障することも考えて、庭にカマドを作る予定。バーベキュー用の木炭で家事が出来れば強い味方になる。普段は庭の枯れ草や木の枝を燃やすのに使う。

しかし、家が壊れてしまっては元もこもない。大地震でも倒壊せず住まいが無事なら、ある程度は生きて行けるな。

|

« 洗濯機購入 | トップページ | 境界線ブロック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洗濯機購入 | トップページ | 境界線ブロック »